埼玉県所沢市の税務会計事務所です。経営サポートに力を入れています。

個人の税金

  • HOME »
  • 個人の税金

会計事務所であつかう個人の税金は、大きく3つに分かれます。

1つは、個人事業にかかる税金、もう1つは相続や贈与にかかる税金、最後は、譲渡に係る税金です。 贈与と譲渡の違いは、ただであげるのが贈与で、おかねをもらうのが譲渡となります。

・個人ビジネスに係る税金

ビジネスを行っている場合には、生じた利益に対して税金をおさめる必要があります。趣味程度であれば問題となりませんが、何度も反復継続して行っている場合にはビジネスとなります。
個人事業であれば所得税。法人であれば法人税を納めることとなります。
・相続や贈与に係る税金

個人が無くなった場合には、相続人が財産の取得割合に応じて、相続税を支払う必要があります。ただし、無くなった財産総額が一定の金額以下の場合には、相続税はかかってきません。
また、財産や金銭を贈与した場合には、贈与税がかかってきます。ただし、年間の贈与金額が110万円以下の場合には贈与税が課税されません。なお、この判定は相手ごとに行います。
・譲渡に係る税金

 土地、建物、動産を譲渡した場合には譲渡所得税が課税されます。
譲渡所得は、土地や建物と、動産とで課税のされ方が異なってます。
また、財産の保有期間が5年以内か5年を超えるかで、税金が異なってきます。5年以内の短期の売買より5年を超える長期の売買の方が税金額やすくなっています。これは、利益を目的とした短期の売買を防止する政策的配慮です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 04-2998-2710 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Copyright © 細野会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ