大口株主等を除き上場会社からの配当については
確定申告をする必要がありませんが、

配当金 扶養 合計所得金額

配当金 扶養 合計所得金額

前年からの赤字の繰り越しがある場合や
その年の運用益が赤字の場合には
配当所得と相殺することで税金を戻すことができます。

また、所得が低いかたについては、
配当所得を総合課税として申告することで配当控除の適用を受けて
税金を取り戻すことができます。
ただし、配当所得を確定申告する場合には注意が必要です。

配当所得を確定申告した場合には
その申告した配当の金額(その年の株式の赤字と相殺した場合には相殺した後の金額)が
「合計所得金額」の判定に含まれてしまいます。

ケースによって異なりますが
配当として確定申告した金額が38万円を超えると
扶養の対象から外れてしまいます。

また年金などをもらっていたり、アルバイトの収入がある場合には
少しの配当を申告しただけで「合計所得金額」が38万円を超えて扶養から外れてしまう場合があるので注意が必要です。

なお、前年から繰り越されてきた株式等の赤字と相殺する場合には相殺前の金額が合計所得金額になりますので、この点も注意しておく必要があります。
P.S.合計所得金額は、扶養控除の判定だけでなく
住宅控除の判定などにも使われるため注意が必要です。
(合計所得金額が3,000万円を超える年分については、住宅控除の適用を受けることはできません)

※税法等の取り扱いは、投稿時に適用される税法に基づいています。
また、記載内容に間違い等があっても、責任は一切負いませんので
最終的な判断は専門家の先生に相談の上、ご自身の責任にて行ってください。